コラム

ラニーニャ現象で夏が暑くなる?

ラニーニャ現象とは?…

ラニーニャ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から 南米にかけて海面水温が平年より低くなる現象です。

その影響で西太平洋の水温が上昇し西大西洋熱帯付近で積乱雲が 活発になります。

その結果、太平洋高気圧と例年より北側に張りだす事で 日本付近では、夏季に気温が高くなります。

また、沖縄・奄美地方は南からの湿った空気の影響を受けて降水量が多くなる傾向があります。 

 

 

過去のラニーニャ現象の夏は?

では、過去のラニーニャ現象の夏はどうだったのでしょうか。

2020年夏

2020年の夏は全国的に高温・多雨の夏となりました。

7月には西・北日本で記録的豪雨となりました。

静岡県浜松市では歴代最高気温と1位タイとなる41.1℃の気温を記録しました。

2010年夏

2010年の夏は全国的に気温が高い夏となりました。

都市化の影響の少ない全国17地点の気象台などで平均した平均気温が

1898年以降113年間の中で第1位の高い記録となりました。

今年の夏は…

5月12日に気象庁が発表したエルニーニョ監視速報では

春に収束するとみられたラニーニャ現象が長引く可能性が高まり夏まで長引く見込みです。

ラニーニャ現象が8月まで長引く可能性が70%と非常に高く猛暑となる予想です。

 

早いうちから、体を暑さに慣らし熱中症になりにくい体作りをしましょう。

 

出典:ウェザーニュース

 

 


ウェザーニュース https://weathernews.jp/s/topics/202205/120145/

気象庁 https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/index.html

<PR>作業者ひとりひとりの熱中リスクを可視化しませんか?

様々な対策をとっていても熱中症を発症する危険があります。

「のどが渇いたと思った時にはもう熱中症になりかけていて遅い」と言いますが 主観的な判断でとても難しいです。

そこでわたし達が提案したいのは「eメット」。

「eメット」はヘルメットにセンサーを取り付けるだけで外気温と温度、作業者のひたい温度を測定。

客観的に熱中症の危険度を割り出し、危険値を超えるとアラーム発報で作業者へ伝えます。

クラウドサーバーを利用するIoTモデル、作業者同士で見守れるMe-mamoの2つを用意しておりますので、ぜひご覧ください。

熱中症についてもっと詳しく知りたい場合は熱中症セミナーへ

熱中症セミナー お申込み→

お気軽にお問い合わせください。