現場の“熱中症リスク”が 見えるわかる見守れる

change-1-3
change-sp3

eメットはこれまで、20社以上1000台以上お使いいただいています。

大人数管理IoTモデル

離れた場所から
一括見守り

change-3

レポート機能で
データ収集/分析可能

change-4

操作しやすい
スマホアプリ

アプリ画面

少人数見守りMe-mamo

音と光で作業者の
熱ストレスをお知らせ

change-6

複雑な登録不要!

change-7

電波の届かない場所での
使用可能!

change-11
img-3

体温変化に敏感なひたい温度を測定

体温変化に比較的敏感なひたい温度を測定しています。また、腕時計型・ベスト型の測定方法と比べて空調服の影響を受けづらいです。
img-4

作業者それぞれの環境温度・湿度を測定できる

同じ作業所であっても、風通しや日当たりで環境は変わります。これが危険度判定に大きな影響を与える場合があります。eメットは各人のヘルメットで環境温度・湿度を測定するので、わずかな環境変化も見逃しません。
img-5

作業者それぞれにピッタリ合った“設定値”が決められる

設定値とは危険判定のための値であり、各人の年齢や性別、作業熟練度を考慮した設定が必要です。eメットではその人毎の設定値にカスタマイズすることができます。

設定値が一律固定だと…

個人差に対応できません。
img-6

設定値がAI判定だと…

判定に違和感があっても自分で変えることができません。
img-7

動画でご紹介

お客様の声

img-12

休憩時間の頻度を見直すようになった

今までは決まった時間に休憩していたが、その日の状況に合わせて休憩の長さや頻度を見直すようになりました。

自分の仕事に集中できるようになった

離れた場所で作業をしていても、一人ひとりの状態を画面上で確認できる。通知が来たときだけ声掛けをすれば良いので、自分の仕事に集中できるようになりました。
img-13
img-14

見守られている安心感がある

一人作業の時もeメットを装着することで、見守られている安心感があります。

休憩の要望を周囲に伝えやすくなった

配属したての新人時代でも、eメットがアラートしてくれるので、休憩の要望を伝えやすくなりました。
img-15