コラム

職場での熱中症対策って何をやっているの?(Part1)

もう7月です。

夏本番前にして気温・湿度が高く汗が止まりません。

 

最近の夏はとても暑いですよね。

年々暑くなっている気がします……。

調べてみると猛暑日は最近30年間で約3.3倍に増加しているそうです。

やっぱり気のせいではないみたいですね。

出典:「全国(13地点平均)の猛暑日の年間日数」(気象庁)https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/extreme/extreme_p.html

 

そういった事情もあり、熱中症のリスクは昔と比べると高くなっています。

日常でも注意しなければなりませんが、特に身体を動かす機会の多い職場での熱中症対策は、気を付けなければなりません。

政府としても、「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」などの、職場での熱中症対策を促進するキャンペーン活動を行っています。

厚生労働省 - STOP!熱中症 クールワークキャンペン

「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」リーフレット.pdf

 

今回はそんな職場での熱中症対策に関して、企業はどんな対策を行っているのか

その中のユニークな一例をご紹介させて頂きたいと思います。

是非ご参考にして頂いて、少しでも熱中症対策のお力になれれば幸いです。

 

事例 建設会社A社さんの場合

熱中症が発生しやすい職場である建設現場。

当然、日陰でのこまめな休憩や、水分・塩分補給を取って対策というのは、業界内でもかなり浸透しています。しかし、このA社さんは水分補給に関してかなりユニークな方法を行ったみたいです。

 

それは、「スポーツドリンクが出てくる蛇口 です!

 

 

 

 

 

 

 

出典:「平成28年度「見える」安全活動コンクール入賞」(厚生労働省)

https://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/concour/2016/sakuhin4/images/n118_1.pdf

 

なんだか夢みたいな蛇口ですね~。

学生の時、こんな蛇口あったらいいなぁと考えていたものですが、まさか実現していたとは……!

 

この蛇口ですが、作業員はいつでも蛇口をひねって飲めるのだとか。

また作業所内のどこにこの蛇口があるのかを明示して、飲みやすい環境を作っているとのこと。

(ちなみに冬はホットコーヒーに入れ替えできるそうです。うらやましい!)

 

さて、今回は職場における熱中症対策でしたが、如何でしたでしょうか。

厚生労働省が取り組んでいる『「見える」安全活動コンクール』の一例を

紹介させて頂きました。

 

皆様も職場における熱中症対策を行ない、少しでも熱中症のリスクを減らしましょう!

 

<PR>作業者ひとりひとりの熱中リスクを可視化しませんか?

水分・塩分を取ることも大切ですが、熱中症の兆候に気づけなければ

熱中症になってしまいます。

 

そこで当社の開発した「eメット」!

eメットは、日々使用しているヘルメットにセンサーを取り付けるだけで

作業者の熱中症リスクを見える化します。

客観的に熱中症リスクを割り出し、危険値を超えると作業者にアラーム発報します。

 

クラウドサーバーを利用するIoTモデル

作業者同士で見守れるMe-mamoの2つを用意しておりますので、ぜひご覧ください。

eメット IoTモデルページへ→

eメット Me-mamoページへ→

 

 

 

 

 

 

 

熱中症についてもっと詳しく知りたい場合、熱中症セミナーも開催しております。

貴社の安全衛生大会などにご活用ください。

熱中症セミナー お申込み→

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問合せください。